ブログ

「新蕎麦」を打ち始めました!

投稿日:

新そばのポスターを貼りだすと常連のお客様から「このポスターにある新そばを」という注文がありにこっとしながらそっともり蕎麦をお出しします。

「新蕎麦」とは秋蒔きの蕎麦で9月から11月に収穫された「秋新」と呼ばれる蕎麦のこと【その年の秋に収穫された蕎麦のこと】です。その時期に収穫された蕎麦が特に風味の強い時期なので「新蕎麦」と呼び薫り高いこの時期の蕎麦を是非ご賞味ください、としているわけです。

「うん、うまいっ!今年もうまいねぇ」といってその常連さんは満足そうにお帰りになります。

江戸時代中期に蕎麦屋が爆発的に増えますが、その原因のひとつがこの「新そば」です。初物(はつもの)はお殿様に献上された後に市場に出回ります。宵越しの金は持たないといわれる江戸っ子は初物が大好きで値段がこなれるまで待てずに飛びつきます。何しろ新そばは薫り高く風味も強く、特にお蕎麦の美味しいこの季節を江戸っ子は心待ちにしていたと言われ、「大江戸美味草紙」には蕎麦の香りに吸い寄せられるように、店の前へ行列が出来るという句が紹介されています。
新そばは物も言わぬに人が増え(大江戸美味草紙より)
南北に長い日本では長い間収穫したての新そばをお楽しみいただけますが当店の主な取引先である長野県の蕎麦粉屋さんでは11月いっぱいが新そばの季節としているようです。新そばは風味もあり薫り高いお蕎麦の美味しい季節です、この時期ならでわのおいしい新そばを是非お召し上がりください

-ブログ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 長 寿 庵 ブログ , 2019 All Rights Reserved.